我孫子市T様

要所に木を使った住宅を建てたいとの要望をいただきました。大きな吹き抜けや渡り廊下等見せる部分にふんだんに木を採用させていただきました。

木を要所に取り入れたこだわり住宅

大きな吹き抜けが欲しいとのご要望でした。プラン図面を作り木をふんだんに使った吹き抜けをご提案をしました。下から見上げると高い天井で開放感が満載です。その吹き抜けには渡り廊下を渡し、上からリビングが見渡せるくつりりに。また、道路から見るとこだわりの吹き抜けが見える配置に窓を配置し外から見てのギャップがある家としました。「見せる部分を木でこだわる」をコンセプトに、要所要所でメリハリのある木の使い方をしています。お客様のこだわりを再現した個性的な住まいができあがりました。

造りたい家のイメージができました

初めは「木の材料を取り扱っているお店があるよ。」の情報を基に木材を見にKRAのショールームであるひのき倶楽部を訪れました。実際の木材を見ながら木をどう使うかを一つ一つ説明していただける事で作りたい住宅のイメージを作ることが出来ました。その後他のショールーム等をいくつか見ましたが、私たちの作りたい木を活かした家はここでしか出来ないと思いKRAに頼むことにしました。

存在感のある渡り廊下

ケヤキ材でできた手すり、廊下の板は階段用の物を使用しました。建材とは材料が違いますので友達を連れてきても自慢できます。

桧のオリジナルお風呂

桧と御影石を使ったKRAオリジナルのお風呂です。社長である倉持自らが施工しました。風呂から土間を眺めることが出来るこだわりの作りになっています。

空間が大きいリビング

キッチンとリビングの天井に吹き抜けがあり、一体感のある家になりました。広々とした空間で生活することができます。

室内の土間

玄関部分に「土間」を採用しました。植物を置いて小さな外庭の様な空間を楽しむことが出来ます。